赤とマゼンタとビリジアン

気持ちだけはアクティブなたかぎが色々な世界に触れあう様を記したブログです

【超初心者的説明】オンラインで無料で使えるフォトエディタ「PIXLR EDITOR」って何?

どうもこんばんは、たかぎです。

 

ブログを書いている方々はパソコンとスマホ、どっちでアイキャッチ画像とか作ってるんでしょう?リサイズや画像編集のアプリも沢山あるし、暇な時間に作れるからスマホなのかな?

私の場合、最初にブログを始めようと思った頃は「スマホで画像編集しよう!ついでにアプリをめちゃくちゃ使いこなせるようになろう!」なんて意気込んでました。だがしかし、自分は思っていた以上にPCの方が慣れているみたいで、結局PCに帰ってきました。

画面が大きいからPCの方が見やすいっていうのもあります。

そして、前回の記事でブログ用に画像を用意するのが面倒くさいと言っていたにも関わらず、画像について書きたいことができました。

 

超初心者的には、画像サイズが変えられてちょっと明るさとかいじって文字が入れられれば良いのです

これは私が求めている単純な機能。

  • 画像を好きな大きさにトリム(切り取り)
  • 明るさや露光を変更
  • 画像サイズを600×600くらいに変更
  • 文字を挿入

これくらいなら短い時間で画像を用意できるので、画像作りが負担にならないんじゃないかと。

そこで楽な方法を探していたところ、以前デジタルフォトフレームを作る際にお世話になったオンラインフォトエディタを思い出したのでご紹介。

PIXLR EDITOR(ピクセラエディタ)

f:id:ringleeha:20170812192803j:plain

Photo editor online - Pixlr.com

PIXLR EDITORはCADソフトで有名なオートデスク社が無料で提供しています。オンライン上で使える画像編集ソフト、フォトショップみたいなやつと思っていれば良いのではないでしょうか(フォトショップ使ったことないけど……)

かなり高性能みたいで、人気があるソフトらしいです。

◆めちゃくちゃザックリとした機能説明

凄く適当で申し訳ないんですが、画像関係については独学のド素人なもんで何と説明するのが適切か良く分からない。強いて言うならばダウンロードして使うタイプのフリーソフト「JTrim」と「GIMP」を足したような感じ。

この2つのソフトは私が過去に使ったことがあるのでなんとなく分かる。GIMPにはGIMPにしかできないこともあるけども、それは今回は置いておく。

フォトショップを使ったことが無くて上記ソフトを使ったことがある人宛に説明すると、トーンカーブとか露光、トリム等の写真をレタッチできる機能も使えるし、レイヤーを重ねて画像や文字を挿入できる機能も使える。しかも割と「このアイコンてこういう機能だよね?」っていう感覚で使えるところがGIMPよりも簡単な点。

実際にはもっともっと高機能なのは間違いないんですが、私がそこまで使いこなしていないのと、ググるとすぐ出てくるので割愛。

◆めちゃくちゃザックリとした操作方法

1.ピクセラエディタの画面に行く

Photo editor online - Pixlr.com

f:id:ringleeha:20170812202242j:plain

 2.画面を下げていくと以下のメニューが表示

f:id:ringleeha:20170812202345j:plain

 2.左側、PIXLR EDITOR「LAUNCH WEB APP」ボタンを選択

※右の「PIXLR EXPRESS」はスマホの画像加工アプリみたいなことがPC画面でできます(スマホ版もあります)。これも今回は割愛!

3.「コンピューターから画像を開く」を選択して、PC内にある画像を開く

f:id:ringleeha:20170812192803j:plain

4.編集画面が表示

オムライス美味しそうでしょ?美味しかったんです、ほんとにw

f:id:ringleeha:20170812203525j:plain

5.あとは好みで以下の操作を行う

  • 画像をトリム…「編集」→「カット」を選択、マウスで好きなサイズにドラッグ
  • 明るさや露光、色調などの変更…「調整」から好みで選択
  • 画像サイズ変更…「画像」→「画像サイズ」
  • 文字を入れる…画面左のアイコンから「A」アイコンを選択して文字入れ(新規レイヤーが自動で作られるので、文字だけ位置変更可能)
  • 画像の保存…「ファイル」→「保存」

超初心者の操作は以上です

◆PIXLR EDITORを気に入っている理由

ザックリした説明でも簡単な操作くらいならできる点が一番気に入っています。あとはオンラインソフトなので自分で面倒見ていなくても良いところ。PCの容量とかソフトの更新とか考えていると時間がもったいないので、オンラインで使えるのは非常に有り難い。他にも細かい点では、自分のPCに入れているフリーフォントをそのまま使えるところも嬉しい。

あと、私は編集した画像を自分のPCに保存しています。オンライン上で保存もできるみたいですが、私には必要ないので使っていません(むしろ今日知った)。

◆今までの画像遍歴

ここまで紹介してきたわけですが、このブログのヘッダーはGIMPで作りました。

自分のプロフィールアイコンは「四角い顔アイコンジェネレータ」さんです。

www.icongenerators.net

それから、ふたつ前の記事まではスマホのアプリを頑張って使っています。

akatomagenta.hatenablog.com

PIXLR EDITORは直前の記事から。

akatomagenta.hatenablog.com

 凄く浮気性な感じがしてしまう(汗)まぁ、用途によって使い分けられれば良いかな。そこまでの腕は無いけども!

そんなこんなで、画像のことはほとんど分からなくても使えます、難しい操作方法は後から必要なら覚えればいいやって思えるくらいの優しいソフトです。簡単な画像編集ソフトを探してるけど何を使って良いかわからん!説明ググるの面倒くさい!っていう人にはとりあえず使ってみてほしい。

 

PIXLR EDITORはいいぞ

以上!

【やる気がなかったわけじゃない!】ブログ初めてすぐ近況報告って一体……

f:id:ringleeha:20170808131721j:plain

どうもこんにちは、たかぎです。

まだ3つくらいしか記事を書いていなかったのにずっとブログ放置してました。何が好きなことをすきなだけじゃい!って自分でも思います(笑)いや、好きにやろうとしたからこその放置?

……ま、そんなことはどうでも良いのですが、ここ一か月めっちゃバタバタしていてtwitterも放置していましたが、飽きたわけではないのですよ。

 

まず一つ目、ブログに画像を入れるのが面倒くさかった。

目を引くものだし、人のブログで画像を見られるのがすごく好きなんですが、自分で入れようとすると面倒で辛いです。私はスマホよりPCを使う方が楽な人間なんですけど、そもそもどの写真使おうとか、画像サイズ変更したり文字入れしたり、スマホにある写真かPCに入ってるかとかごちゃごちゃやってると面倒くさい。

あれ書こうこれ書こうってのはいろいろ考えていても、画像をどうするか考えだすと面倒なのでストップして、書きたいものもどうでもよくなってくるというか……そんな感じです。なので、ブログ作った当初は必ず1記事1個くらい入れたいし、タイトル画像作るぞ!なんて思っていたんですが、写真は気分で入れることにしようかと思っています。後からこっそり追加しても良いしね!

二つ目、沼が深すぎてついていけなかった!

ブログをやろうと思い、twitterも始めて手帳沼にはまりかけていたわけですが、深すぎたよ!付いていけなかったよ!!!

そもそも文房具を好きなのは変わりないんですが、メーカー名と製品名がほとんど覚えられない性分なんです。同様に有名人の名前と顔と出演作品も一致しません。手帳や文房具大好き人間の方々を見ていると、メーカー名や製品名がすごく沢山出てくるんですよね。あとどんな仕様になってるとかこういう目的で作られただとか。すっごいなぁって私もこういうこと語れるようになりたい!って思っているんですが情報量が多すぎて行き倒れになりかけています。とりあえずは沼の上を浮き輪のカヌーでバチャバチャ渡っていこうかと考えてたら迷子になりました。ついでにブログで書きたいことも迷子ってました。

三つ目、人生の転機が訪れるはずだった!

これが自分でも一番驚いたことなんですが、ほんっとうに突然家を買う話が出てきたんです。で、今の家どうするかやら新しい家を見に行ったり家計を見直したりと色々動いていて、趣味は全部放置していました。が!しかし!!!色々と事情があって夢は脆くも一か月で崩れ去り、もとの生活に戻ってきて今に至る。

微妙にショックから立ち直れなくてダラダラしていましたがもう大丈夫、全部元通り(白目)

まとめ

とまぁ、色々と個人的な事情がありました。

何分一個の事ずつしかできない性分なもんで、自分不器用なもんですぐ迷子になります。でも三つ目の起こるはずだった人生の転機から知ったこととか、今まで迷走してきた手帳がやっと自分なりに使えるようになってきたこととかありまして何とか文字にできればいいなぁと思ってるところです。

 

こんなわたくしですが、また機会がありましたら読んでやってくださいまし。どうぞよろしくお願い致します。

「ふでばこ」について熱めに語る

「ふでばこ」……それは小学校入学と共に一生付き合っていく相棒である

入学準備の際に母が買ってくれた、赤くて角ばった「高級」というシールが貼ってあった筆箱のことは今でも忘れない。

しかし、はっきり言って当時の筆箱の中身を覚えていない。強いて言うなら、アカチャンホンポで買ってもらったちびまる子ちゃんのホログラム付消しゴムを無くしたと思っていたら、いつの間にか他の子の持ち物になっていたことぐらいだろうか。

中学、高校、大学、就活の時にもどんな筆箱を持っていたかとんと思い出せない自分が悲しい。持っていたペンすら記憶にない。

f:id:ringleeha:20170612093331j:image

 

記憶の中の筆箱に色が付き始めるのは就職後、一人暮らしを始めてからだった。

高円寺の雑貨屋で見つけたゴブラン織りのポーチに一目惚れし、何を入れようかと厳選する間に感じたトキメキが、おそらく今のこだわりに続いているのだと思う。

 

画像は私の記憶に存在する筆箱である、右端への異論は認めない。

f:id:ringleeha:20170612160213j:image

どうしても筆箱に入れたいもの

  • シャープペン 1本
  • 3色ボールペン 1本
  • フリクションボール3colors 1本
  • 消しゴム(mono zero)
  • ハサミ(フィットカットカーブ ツイッギー)
  • のり(消えいろPiTほそみ)
  • 定規
  • ホチキス
  • プチデコラッシュ(病院)

 

普段の友人との外出などではフリクションペン一本あれば良いのだけど、手帳タイムを取りたい時や講習ではどうしてもこれくらいあってほしい。

辿り着いたのは斬新なペンケース

表題の写真にもなっている赤い筆箱はコクヨのWHITH+(ウィズプラス)、見つけた瞬間に速買いした。

www.kokuyo-st.co.jp

私の場合、ファスナー式のものは中身を取り出すと毎度ファスナーを閉めようとする癖があるため、静かな場所で音が気になるのだ。また、どうしても中を覗き込んで手探りでペンを探す手間が好きじゃなかった。

ウィズプラスの良いところ

  1. ボタン式なので静か
  2. 開ければ全てが見渡せる

 

大いなる誤算

ウィズプラスにベストオブマイペンケースのメンバーを入れてみるとぱっつんぱっつんになることが判明。

f:id:ringleeha:20170612160151j:image

ウィズプラスのいまいちなところ

  1. 思いの他入らない
  2. 15cm定規がギリギリ入る長さ
  3. 外ポケットに入れるものがあまりない(ペンを入れるべきか?)

中身を極力少なくしたい人にはオススメするYO! 

 

なんだかんだ文句を言いつつ、つい最近まではこのままでも良いと思っていたのだが、4月からツイッターを始めたことで恐ろしいことが起こった。

「手帳」や「文房具」の情報が大量に入ってきたのである。

実際にはツイッターを始めて楽しくなりすぎて調子に乗った自分が文具垢、手帳垢と言われる方々をフォローしまくったせいなのだが、きらびやかな手帳術の世界には抗えず、自作手帳を突き詰め始めたことで私の筆箱事情は変わってしまった。

 

もはや革命、レボリューション。

f:id:ringleeha:20170612160232j:image

あくまでも自宅、もしくは近所のマックでの手帳タイム用編成であることを付け加えておく。

 

ウィズプラスは相変わらず公式な場で使うこととして、普段はこんなでかい筆箱を家中引っ張りまわしているのでありました。ちなみにダイソーで買えます、便利!

サブタイトルがよくあるやつだけどそれしかなかった理由

「すきなことをすきなだけ。」

ヘッダーにある我がブログのサブタイトルです。

 

f:id:ringleeha:20170610073321j:plain

好きなものは色々ありました(過去形)

幼い頃から好きだったと覚えているのは鉱石、恐竜、昆虫、宇宙、動植物など。

ただ周囲にそれを語り合う人もおらず、また、そのことを寂しいとも思わずになんとなく育ってきました。無意識に好きなことと将来は別だと割り切って生活していたようで、ただただ「好きだなぁ」と思う程度の軽い興味で済ませていたのだと思います。

大人になって一人暮らしで好きなことができるようになってからも仕事に忙殺され、ワクワクするもので彩られた深い世界があることに全く気付いていませんでしたし、あえて知ろうともしていませんでした。

時はどんどん流れゆき……

色々あって環境が変わり、「片付け」にハマったのが一昨年。いつの間にか世間でも流行になっていたためか、どこかでそれを公言するのを恥ずかしがる自分がいたんです。

しかし、モヤモヤを抱えたまま参加した講習で、はっきりと好きを表現している参加者のある女性を目の当たりにして心境の変化がありました。

転機が突然来るっていうのは本当らしい

めちゃめちゃ今更だったんですが、好きって言っても笑われない世界があるのだと……。もう一生忘れないと断言できるくらいの衝撃でした。あるものにどハマりしてる、しかもそれを素直な飾らない言葉で言う人に初めて会ったんだと思います。それが講師じゃない、ネット上の人でもない、生身の目の前にいる一般人だったからこそ初めて自分の心に響いたのではないかな。

 

その女性とはそれっきり、私の片付け熱もその日以来収束していきました。しかし今では少しずつ「◯◯が好き、めっちゃ好き!」と人に言える機会を増やせるようにリハビリしながら、今まで放置していた興味があるものの世界をネットで旅しています。

Twitterもすごく楽しいです٩( ᐛ )و

自分が幼かった頃には図書館で調べるか人に聞くしかなかったのに、「良い時代になったものだなぁ」とか、「できれば好きな世界に関わる仕事をしたかったなぁ」と思いつつ、自分なりに愛すべき我が興味と付き合っていけたら良いなと思っています。

だからこそ「すきなことをすきなだけ。」がサブタイトルになりました。

自分用の最大のテーマです。

 

さて、次回からはもうちょっと力を抜いて書けたらいいなぁ

【はじめに】たかぎです!!

はじめまして、たかぎりりあんと申します

ようこそ「赤とマゼンタとビリジアン」へ。

f:id:ringleeha:20170602110241j:image

 赤もマゼンタもビリジアンも私の大好きな色です。特にビリジアンブルーのものを見るとアドレナリンがバンバン出てくる気がするので、やる気を出して継続させるぞ!という願いも込めてこのブログタイトルにしました。

 このブログは好きなものを好きと言いたいがために作りました。簡単なことなんですが人前で主張するのは結構苦手なので、リハビリも兼ねてます。

仕事以外でネットに触れるようになって、調べ物をするにしても沢山のブログやサイトに助けられて、世界って広かったんだなぁってよく思います。同時に、沢山の人の記事が検索結果に出てくると自分はこんなに知らないことばっかりだったのかとショックを受けることも多々ありました。

 ただ、普段から身近なものに実は深い世界があったことを知ってワクワクしたり、実際に生活で使わないことでも知識欲が刺激されたり。趣味って言える趣味は無いんですが、強いて言うなら「調べ物です」って言いたいくらいに知ることが楽しい!

興味を持ったこととか、勉強になったこととか、「好き」とは関係ない話も出てくるかもしれませんが、自分の考えていることや体験を文章にして誰かに伝えたい欲が湧いているので、これからどんなブログになっていくのか楽しみにしています。

とりあえずの方針

雑記ブログになる可能性が高いです キッパリ( ˘ω˘ ) あと、この文章書くのにめっちゃ時間かかってます。更新頻度はちょーーーーっと約束できません、修行します!

私を構成している要素

文房具、手帳、収納、博物館、動植物、鳥類、昆虫、恐竜、工具(使うより見る)、絵、燻製、チーズ、美味しそうなもの、変なもの他

 

と、いうわけで今日からブログを始めます。
当面は試行錯誤が続くと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

たかぎ